プリンター本体の価格は昔に比べると高機能でありながら手頃な価格になりました。だけど、インクカートリッジ代ってやたらと高い。代替品の安いインクを使おう。

4年前に第一子を、1年半前に第二子を出産し、子供のために口座を開こうと赤ちゃん 銀行印を作りました。

いろいろ見て検討したのですが、過去にプラスチックのもので自分の印鑑を作成した時に、数回使ったら欠けてしまったのを思い出し、丈夫なものがいいだろうと黒水牛の角の印鑑をインターネットで購入しました。

銀行印の登録をしても、欠けてしまっては手続きのやり直しになりますので、こんな面倒なことはないと…。

本来は5,000円程かかるらしいのですが、子供のものだし…と思い、訳あり品にしました。

1本1,200円で手彫り、また、素敵なケースまでついてきて、三人目ができたらこちらでまたお願いしようと思う仕上がりで届きました。

何が訳ありなのかと申しますと、一度彫りに失敗して、その表面を削ったものだそうで、正規品よりも1mm程短いんだそうです。

見ただけでは分からないくらいの長さの違いですが、印鑑を縁起品と捉えている方も多々いるらしく廃棄になってしまうそうですが、「まだまだ使える物だから」と安価で売り出したのが始まりなんだとか。

実際のところ子供の口座の銀行印は訳あり品でも問題ありません。

むしろ経済的にかなり助かります。

プラスチックでも3,000円程かかりますので…。

訳あり品であることに抵抗のない方は、こちらも検討されてみてはいかがでしょう。

子供の散髪は、ずっと自分でやっていました。
小さい頃は、動いてしまって大変でしたが、テレビの前に座らせて、夢中になっているうちに、ササっと。
髪の毛の量も少なかったですし、フワフワしていたので、割と素人の手でも、どうにかなったのです。

それなりに、カット用品は試しました。カミソリみたいな形で、削いでいくものが多かったですが、あれは痛がってダメでしたね。
最終的に、くし・普通のはさみ(髪用)・すきばさみを使うようになりました。

ただ、幼稚園の保育参観に行った時に、ふと気がついたのです。
皆、かっこいい髪型している!ちゃんと美容院に行っている方が多くて、幼稚園児でも、おしゃれなんですよね。うちは、思い切りパッツン。前髪なんてひどいもの。1人だけ、一昔前の少年状態。

といっても、お金かかりますし、毎回、美容院に変更する気にはなれず、年度始まりや、区切りの時に、たまーに使うようになりました。
そして、伸びてくると、なるべくその髪型を崩さないように、マネして切っていました。(すぐに別物になりますが)

そのうち、「お母さんが切るのはイヤ!」と言われる日がくるのでしょうね。